耳鳴りステロイド鼓室内注入療法
耳鳴り・難聴でお困りのあなたへ


⇒1日3分で耳鳴りを改善する方法はコチラ!



耳鳴りを和らげる音響療法について

耳鳴りとは?

耳鳴りとは、耳から特定の音が離れない状態になることを言います。耳の中では、「ゴー」や、「キーン」など何らかの音が鳴っています。中には「ドクン、ドクン」といった鼓動のような音が鳴る場合もあります。耳鳴りは、このような何らかの音が常に鳴っている状態を指します。鳴っている音は本人にしか分からず、異常がある場合とそうでない場合があると考えられています。中には病気が潜んでいる場合もあるため注意が必要です。

 

耳鳴りについては解明されていないことが多いため、発生する原因についても特定することは困難です。耳鳴りの辛さや不快感は、本人にしか分からないため、ストレスを抱えてしまう人も少なくはありません。ストレスを抱えることにより耳鳴りが悪化してしまうケースもあり、場合によっては難聴やめまい、頭痛などが起こることもあります。原因の特定は難しいと考えられていますが、一般的には年齢的なものが多いと言われています。しかし年齢的なものではなく、高血圧や脳腫瘍、脳血管の異常などの重大な病気が隠れている場合もありますので、耳鳴りが起きた時は、念のため耳鼻咽喉科を受診した方がよいでしょう。

 

耳鳴りに効果的な音響療法とは?

耳鳴りの改善に効果的であると注目されているのが、音響療法です。音響療法とは、音を耳で聞くことで不快な耳鳴りの症状を改善させる方法です。通常耳鳴りが起こっている時には、静かな場所で安静にしている方がよいと考えられがちですが、騒音ではなく、ある条件を満たしている音源ならば治療に効果があると言われています。音響療法では、主にモーツァルトのクラシック音楽が使用されています。モーツァルトの音楽に含まれている周波数が、音響療法においては効果的であると考えられているためです。

 

モーツァルトの音楽全てではありませんが、一部に含まれている周波数が自律神経に作用して、身体をリラックスさせるということが認められています。耳鳴りの原因の一つとして、自律神経の乱れが考えられるため、自律神経に働きかけることで症状の改善が期待できます。現代では、日常生活でストレスを抱えている人が多いため、自律神経のバランスが崩れやすくなっています。自律神経の乱れは、特に若い女性にみられる症状であるとも言われています。過労やストレスが蓄積されるとホルモンバランスが乱れて、耳鳴りが生じやすくなります。そうした場合は、音響療法に効果的であると認められているモーツァルトの音楽を聴くことで、症状が緩和されると考えられています。