耳鳴りステロイド鼓室内注入療法
耳鳴り・難聴でお困りのあなたへ


⇒1日3分で耳鳴りを改善する方法はコチラ!



耳鳴り外来で東京の名医を探そう!

耳鳴り外来東京

耳の中で「キーン!」という音や、
「ジーーッ」という音がしたりする耳鳴り。

 

誰でも一度は経験したことがあるでしょう。

 

通常はすぐにおさまったり、
頻繁に起こるわけではなかったりするため、
医療機関を受診するほどではないという人が
多いのではないでしょうか。

 

しかし、眠ることもできず、
中にはうつ状態になってしまうケースなど、
重篤な症状に悩む人が全国に300万人近くもいるとも言われています。

 

実際、そんな症状がある場合には、
耳鼻科を受診してみましょう。

 

病院によっては、専門的な治療を
行う外来を設けている場合もあります。

 

耳鳴りの原因には、中耳炎などによるもの、
加齢などによる難聴と表裏一体になっているもの、
薬剤による内耳障害などがあります。

 

また、高血圧や糖尿病などの
全身疾患によって引き起こされることもあり、
一概に特定はできないというのが実際のところです。

 

とはいえ、夜も眠れずに悩んでいるという人にとっては、
早急に原因を突き止めて治療を行う必要がありますから、
専門医を受診することが肝要になってきます。

 

東京都内の場合、耳鳴りの治療に力を入れていることで
有名な耳鼻科のある病院がいくつか挙げられます。

 

その中のひとつ、神尾記念病院は、
耳鼻咽喉科単科の専門病院で、
創業100周年を迎えるという歴史もあります。
それだけに臨床実績も豊富です。

 

千代田区の神田淡路町にあり、
御茶ノ水や新御茶ノ水、小川町、淡路町といった
駅からのアクセスも良いので、通院するのにも便利です。

 

また、慶応大学病院は、
予約制で紹介状が必要となりますが
「耳鳴外来」があります。

 

ここは、日本で初めてTRT療法を導入したことで知られています。

 

TRT療法とは「Tinnitus Retraining Therapy」の略称で、
「耳鳴り順応療法」と訳されます。

 

補聴器のような形の小型機器を耳にかけ、
小さな雑音を流します。

 

それにより、耳鳴りから意識をそらす方法です。

 

1日6時間以上装着し、
2年程度の治療を要すると言われますが、
3ヶ月ほどで効果が出始めるようです。

 

新宿区の信濃町にあり、JRの信濃町駅からすぐ、
都営大江戸線の国立競技場駅からも徒歩5分という立地にあります。

 

そのほか、東京医科歯科大学医学部附属病院でも、
耳鼻咽喉科の高度な医療が行われています。

 

慶応大学病院と同じく、
こちらでもTRT療法を受けることができます。

 

文京区湯島という、御茶ノ水駅、新御茶ノ水駅から
ほど近い場所にありますから、こちらも通院には便利ですね。