耳鳴りステロイド鼓室内注入療法
耳鳴り・難聴でお困りのあなたへ


⇒1日3分で耳鳴りを改善する方法はコチラ!



神奈川県で耳鳴りの名医を探しましょう

耳鳴りを治す名医神奈川

耳鳴りというのは書いて文字の通り、
耳の中で音が鳴ることです。

 

代表的な種類は、
「短時間で終わるもの」、
「長時間続くもの」、
「高い音」、
「低い音」
などがあります。

 

痛みを伴わないので、
医者にかかるほどでもないと判断しがちです。

 

しかしこれは体のサインの一つであり、
専門医にかかるべき症状の一つです。

 

特に、「長時間続く」、あるいは「低い音」は
専門医にかかるスピードが速いほど治ります。

 

逆を言うと、治らないケースもあるのです。
それは「突発性難聴」。

 

こちらも文字のごとく、
なんらかの原因で突発的になる難聴です。

 

前触れもなくなるので、
見過ごすリスクの高い病気です。

 

「水がこもっている気がする」場合は更に危険で、
すぐに専門医にかかる必要があります。

 

音は人により感じ方と表現の仕方が異なる場合もあるため、
判断に困る方も多いでしょう。
だからこその専門医です。

 

前述の通り耳鳴りは痛みがないため、
「疲れているのかな?」と済ましてしまいそうですが、
実はその間、神経が摩耗している可能性があるのです。

 

この傷ついている神経が完全に枯れると、
難聴になっていた場合、聴力を失ってしまいます。

 

耳の神経が傷ついているサイン、
これが耳鳴りのもう一つの顔です。

 

ある日気がついたら耳が聞こえなくなっていた、
という恐ろしい事態を避けるためにも、
何か音がしたら専門医にかかりましょう。

 

神奈川県は病院の数も多いので、
県外の方もぜひこの機会にご自身の耳に耳を傾けてください。
もしかしたらすぐに治療を始める段階に入っているかもしれません。

 

イヤホンを使用して大きめの音で
音楽を楽しんでいる方は特に注意です。

 

イヤホンはヘッドホンと異なり、
音が外部に漏れにくいため、
そのほとんどが耳の中に響き渡ります。

 

音を密閉して響かせることは
特に耳の神経を疲労させます。

 

疲れたら体の動きを止めて休憩をするように、
耳も疲れたら休憩が必要です。

 

この疲れに気が付きにくい部位だからこそ、
ちょっと意識してみることが大切というわけですね。