耳鳴りステロイド鼓室内注入療法
耳鳴り・難聴でお困りのあなたへ


⇒1日3分で耳鳴りを改善する方法はコチラ!



福井県で耳鳴りにお悩みなら名医のもとへ

耳鳴り福井

静かな部屋にいるときや、
急激に気圧が変化する場所にいるときに、
いきなりキーンというような耳鳴りを感じることがありますが、
これは一過性のものなので、
あまり気にすることはありません。

 

しかし長く続く場合は、
病気の初期症状の可能性もあるので、
福井県でお悩みの方は、
一度お近くの耳鼻咽喉科の専門医を受診するようにしてください。

 

大したことはないだろうと思って放っておくと、
どんどんひどくなって日常生活に支障を来たすことがあるので、
出来るだけ早く治療を受けることが大切です。

 

耳鳴りは、
内耳にある音を感ずる感覚細胞の障害によることが多いので、
原因さえ分かれば治すことが出来ます。

 

中耳炎の炎症が内耳まで進行したときにも起こりますし、
メニエール病や、ライブなどで大きな音を聴いたことによる難聴、
急に難聴が起こる突発性難聴、
ストレプトマイシンなどの薬剤によっても内耳障害は起こります。

 

内耳障害以外では、
耳鳴りとともに難聴が徐々に進行してくるようなら
聴神経腫瘍の可能性もあるので、
精密検査を受けてはっきりさせる必要があります。

 

高血圧や糖尿病などの全身疾患によっても起こるので、
早く治したいときはまずは専門医に原因を突き止めてもらい、
それから適切な治療や手術を受けるようにしてください。

 

中耳炎や聴神経腫瘍が原因で耳鳴りが
発生している場合には手術が必要になります。

 

しかし中には検査を受けても、
原因がはっきりしないことがあるので、
そのような場合は決定的な治療法や特効薬がないため、
治すのではなく、馴れる、
あるいは馴らす方向での治療が行われます。

 

手術などでは治せませんから、
主に薬物療法などの対症療法を行うことになります。

 

薬物療法には、
精神安定剤や血管拡張剤、代謝改善剤、
ビタミン剤などが使用されることが多いですが、
局所麻酔剤を静脈注射して、
内耳の神経細胞の異常興奮をしずめると、
治ることがあります。

 

内耳の血流を改善するために、
混合ガス治療が行われることもありますが、
これは95%の酸素に5%の炭酸ガスを
混合したものを30分間吸入するというものです。

 

薬を飲んだりするよりも、
さらに効果的に内耳の血流を増やせるので、
これによって耳の調子が正常になる人もいます。

 

血流を増加させる目的では、
他にも星状神経節ブロック(S.G.B)を行うこともあるので、
福井県で耳鳴りにお悩みなら、
まずはお近くの専門医に相談し、
自分に合った治療を受けるようにしましょう。