耳鳴りステロイド鼓室内注入療法
耳鳴り・難聴でお困りのあなたへ


⇒1日3分で耳鳴りを改善する方法はコチラ!



富山県の耳鳴りの名医に受診を

富山耳鳴り

耳鳴りとは、実際には、何の音もしていないにもかかわらず、
何かが聞こえているかのように感じる現象です。

 

単に、疲れからくるものもあるが、
突発性難聴の前兆や脳梗塞の予兆として起こることもあります。

 

耳鳴りを治療する際、病院によっては、
専門的な治療を行う場所もあり、
専門医がいる外来を設けていいる場合もあります。

 

富山県では、専門医がいるだけではなく、
耳鳴り再訓練療法が受診できる病院もあります。

 

この治療法は、
ダイレクトカウンセリングと音響治療の2つによって、
基本的に構成されています。

 

ダイレクトカウンセリングでは、
医師が患者の主張を聞き、
随時、治療上必要となる説明や情報を提供します。

 

医師とのコミュニケーションをとることによって、
患者が悩むあまりに、
誤った理解や認識をしていいないか確認します。

 

不快感を刺激され、気付かぬうちに、自分で、
他の健康不安と結びつけてしまう場合があります。

 

そういった、患者が、
誤った認識によって行った自己判断や
思い込みなどによって陥る悪循環を断ち切ります。

 

次に、音響治療法では、
耳鳴りとそれ以外の音を一緒に聞くことにより、
相対的に音を下げ、意識を逸らします。

 

別の力を用いて、症状が、
大した事ではないと訓練していくものです。

 

サウンドジェネレーター、補聴器、
最近では、この2つの機能を併せ持つ、
補聴器といった機器を使って、
治療音による訓練を行います。

 

完全に遮蔽してしまうほどの音量ではなく、
ノイズが僅かに感じられるレベルに音量を
コントロールするのが理想とされてています。

 

治療が、軌道に乗ることで良い結果へと結びつきます。

 

大抵、病院で実際に行われる治療法は、
基本的に、薬物治療によって、
症状を和らげることを目的としています。

 

ビタミン不足やストレスによって、
起こっているのではと診断されれば、
それに効果のあるビタミン剤や安定剤が処方されます。

 

富山県には、患者に対し、
積極的に向き合った治療を行っている病院もあります。

 

また、耳鳴りの治療の中には、
限られた病院でなければ、
行えなという治療もあります。

 

中耳炎や内耳炎といった症状により、
内耳が剥がれ、リンパ液が溜まってしまい、
体の中から音が聞こえるといった場合もあります。

 

1つの治療法で改善が見られないからといって、
諦める必要はなく、症状に見合った治療法を探して、
他の病院を訪ねてみることや、
専門医に相談してみて、
改善のための考えを摸索していくことは無駄ではありません。