耳鳴りステロイド鼓室内注入療法
耳鳴り・難聴でお困りのあなたへ


⇒1日3分で耳鳴りを改善する方法はコチラ!



耳鳴りとは脳過敏症候群である

耳鳴り

耳鳴りとは

日本人全体の10人に1人は耳鳴りの経験があると報告されており、
65歳以上の高齢者では約30%の人が耳鳴りを感じていると言われています。

 

耳鳴りは大きく三種類に分類する事ができます。
@他覚的耳鳴り
A生理的耳鳴り
B病的耳鳴り

 

耳鳴りとは、外部で音が鳴っている訳ではないのに、
不快な音が聞こえているように自覚してしまう状態です。
音は外耳から中耳、内耳を経て脳へ至る聴覚路という経路を通って伝わります。
一般的には、この聴覚路内のいずれかに異常がある場合に耳鳴りが起こります。

 

耳鳴りとは、体の外部に正常な音源がないにもかかわらず、耳や頭の中に生じる音感です。
本人しか聞こえないものを自覚的耳鳴り、
他人にも聞こえるものを他覚的耳鳴りと言います。

 

自覚的耳鳴り場合、体の内部にも音源がないため、
たとえ聴診器などを当てても、他人にその音を聞く事はできません。
主に耳の病気が原因となりますが、神経や脳の障害、高血圧症、
動脈硬化症、糖尿病、腎臓病などの病気が原因の場合もあります。
過剰なストレスや更年期障害などが原因の場合もあります。

 

耳鳴りを訴える患者の多くは、この自覚的耳鳴りです。
自覚的耳鳴りは、外耳、中耳、内耳、
脳に至るプロセスのどこかに異常があるために起こります。
中でも最も多いのは、空気の振動を電気信号に変える内耳の障害による耳鳴りです。

 

耳鳴りは、自然治癒力が低下しているという体からの警告信号です。
もしかしたら、重大な病気の前触れかもしれません。
耳鳴りが生じた場合、念のために耳鼻科などの現代医学の専門機関に行くべきです。
稀に脳の重大な疾患が隠れている事がありますが、通常はそのような事は滅多になく、
診察や検査をしても原因が特定できない自律神経失調症と思われる場合が多いです。