耳鳴りステロイド鼓室内注入療法
耳鳴り・難聴でお困りのあなたへ


⇒1日3分で耳鳴りを改善する方法はコチラ!



どうにかしたい飛行機での耳鳴り・耳の痛み

どうして飛行機に乗ると耳が痛くなるの?

旅行やお仕事などの遠出で飛行機を利用することってありますよね。飛行機が上昇するときや降下するときに、耳が痛い・耳鳴りがする・耳が聞こえにくくなる、そんな経験をしたことがありませんか?これではせっかくの遠出も台無し、飛行機に乗るのが嫌になってしまいます。実は耳の不調には気圧の変化が大きく関係しているんです。私たちの鼓膜の内側には「耳管」という管があります。気圧の変化があると、この耳管が開閉して外の気圧と耳の中の気圧を一定にしてくれます。しかし、飛行機の離陸時・着陸時には急激に気圧が変化するため、耳管の調整がおいつかずバランスを崩してしまいます。その結果、耳鳴りや耳の痛みなどの不調をきたしてしまうんです。

 

耳が痛くなったら耳抜きをやってみよう!

では、飛行機で耳鳴りや耳が痛くなったらどうしたらいいのでしょうか?そのままにしておくのはつらいですよね。耳鳴り対策としてとても簡単なやり方があります。それは「耳抜き」です。飛行機で耳に不調をきたしたら、耳抜きをやってみましょう。やり方はとても簡単です。まずは鼻をつまんで鼻から息が漏れないようにして下さい。口もいっしょに閉じましょう。その状態で空気を耳に送るようにします。一気にやらずに、はじめは少しずつ空気を送っていきましょう。最後に唾をのみこんで耳の空気を抜きます。これを何度かくり返すと、耳の不調がやわらいでいきます。ただ、空気を送るときに強くやりすぎたり回数をやりすぎたりすると、耳を痛めてしまう可能性があるので注意して下さい。

 

実は簡単!耳鳴り予防

耳の不調の解決策を紹介しましたが、不調が出る前に予防することも大切です。離陸前・着陸前から耳栓をしておけば、耳にかかる気圧の変化をやわらげることができます。コンビニやドラッグストアなどで販売している安価な耳栓で大丈夫ですが、飛行機専用の耳栓も販売されているので気になる人はチェックしてみて下さい。飛行機専用の耳栓には気圧を調整してくれる機能がついているので、より高い効果が期待できます。飴をなめたりガムを噛んだりするのも予防になります。こちらも耳栓といっしょで離陸前・着陸前の耳に不調をきたす前から行っておくのがポイントです。自分で用意し忘れても、飛行機には無料の飴が用意されてることがあります。飛行機に搭乗するときに機体の入り口付近に飴が置いてあったり、CAさんが「いかがですか?」と配っていたりするのを見かけたことがありませんか?その時に2・3個もらっておくといいでしょう。